予防歯科

大西歯科医院

  • 予防歯科

    虫歯予防

    歯科は予防の時代に。

    昨今、テレビCMでも耳にするようになった「予防歯科」という言葉。
    予防歯科とはどのようなことを指しているかご存知でしょうか
    歯が悪くなってから歯医者に行くのではなく、歯が悪くなる前に歯医者に行き、悪くならないよう定期的にメンテナンスする。それが「予防歯科」という考え方です。
    予防歯科は、小さなお子様から大人の方まで、また歯の病気の有無にかかわらず、すべての方に受けていただきたいと思っております。

    『歯科医院=虫歯の治療』
    欧米諸国では、このような考え方はなくなってきていることをご存知でしょうか?
    『歯科医院=虫歯、歯周病の予防』

    世界では「予防歯科」の考えが広まり、欧米諸国では、歯科医院は虫歯の治療よりも、予防のために利用されるようになってきています。

歯科医院で定期メンテナンスを受けている人の割合

  • スウェーデン90%
  • アメリカ80%
  • イギリス70%
  • 日本2%

予防歯科の先進国とも呼ばれるスウェーデンでは、ほとんどの人が定期メンテナンスを受けており、70歳での歯の残存本数は20本。一方日本では、定期メンテナンスを受けている人はたったの2%。その結果70歳での歯の残存本数は7本が平均となっています。

虫歯になりやすい子供だけでなく、大人になってからも定期的メンテナンスを行うことが、歯の寿命を延ばすうえでは重要と言えます。

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング

ご自身の歯磨きだけでは取り除くことができない歯石や、虫歯の原因菌を、歯科専用の機械を使いクリーニングします。虫歯や、歯周病の原因と言われている「バイオフィルム」と言う細菌の塊。歯ブラシでも除去可能ですが、歯周ポケット内や、奥歯など、磨きにくいところにたまったものを、定期的に取り除きましょう。定期的なPMTCにより、虫歯や、歯周病を予防します。