歯科技工所

大西歯科医院

歯科技工所とは?
歯科技工所は、歯科技工物と呼ばれる、銀歯、セラミックなどのつめ物や被せ物、入れ歯などを作る工場のことです。

歯科技工物は歯科医師が作っていると思われるかもしれませんが、実は、歯科医院の役目は型とりまで。一般的には歯科医院ではこの型を技工所に郵送し、専門の職人さんに技工物を作ってもらって、送ってもらっているのです。

しかし当院では歯科技工所を併設しています。専任の歯科技工士という熟練の職人さんをクリニック内に常駐させ、院内で内製しています。

併設しているため、急に入れ歯が壊れてしまったなどのお悩みにもご対応可能となっています。

技工士紹介

当院にて歯科技工士として歯科技工物を作製して30年以上になります。また、技術力の高さから近隣の歯科医院や都内の歯科医院の歯科技工物も作製しております。
当院で治療を受けている患者様だけでなく、他院で治療された方でも大歓迎です。 少しでも銀歯やセラミックなどの詰め物や被せ物、入れ歯などの噛み合わせに違和感がございましたら、 お気軽にご相談ください。

馬場 浩幸

歯科技工士馬場 浩幸

熊谷 卓也

歯科技工士熊谷 卓也

歯科技工所併設のメリット

  • 歯科技工士が患者様のお口を直に確認することができる。
  • 患者様が自身の技工物を製作する技工士を知ることができる。
  • 患者様が歯科技工士に直接相談できる。
  • 歯科医師と歯科技工士の連携が密に行えることで精度や各々の技術、知識が向上する。
  • 技工物によっては最短即日の製作が可能

歯科技工士の技術

  • 『本物の歯より本物らしい歯』の実現
    今まで、詰め物や被せ物の治療を受けた後に、その部分が他の歯の色と違って見えたり、 食べ物を咀嚼する際に違和感があったり、歯磨き後に汚れや食べかすが残っていたりする事はありませんか?
    歯科技工士は歯科技工物(銀歯・セラミック・入れ歯など)をつくるプロとして治療後のことも考慮し、その患者様一人ひとりに合った色彩・素材・形状にて本物の歯と違和感の無い歯の製作を常に心掛けております。
  • 『歯をつくるということ』精密さ・丁寧さ
    本物に近い歯を作製する為には、実現するのに必要な精密さや丁寧さが求められます。当院の歯科技工士は、30年以上患者様の口内を直接見て歯科技工物(銀歯・セラミック・入れ歯など)を製作してきた経験と作製物の完成度から他院からも依頼を受けております。
    歯の詰め物や被せ物、入れ歯についてお悩みの方は、お気軽にご相談ください。