インプラント

大西歯科医院

インプラントとは

インプラントとは

「インプラント」という言葉は、「植え付ける」という意味をもちます。インプラント治療とは、その言葉通り、歯を失った部位にネジのような形状の人工歯根を植立することで、歯の見た目と機能を取り戻す治療方法です。そして、その人工歯根のことを「インプラント」とよびます。植立したインプラントの上には歯冠の代わりとなる人工歯を接着します。顎骨とインプラントがしっかりと結合して固定されているため、入れ歯のようにはずれたりする心配はなく、天然歯と同じような感覚で噛むことができます。さらに、周りの歯の支えを必要としないインプラント治療では、ほかの治療よりも自然で美しい見た目を再現することも可能です。快適な噛み心地と高い審美性を実現するインプラント治療は、美しく健康な歯で豊かな生活を送りたいと願う患者さまに選ばれています。

当院のインプラント

歯科の最大の進歩として挙げられるのが骨と結合するインプラントの発明です。純チタンを用いることにより骨と細胞レベルで結合します。そして半永久的に使用可能なものとして世界的に認められています。
特に以下の状態において有効と思われます。

  • 欠損した歯の両側が虫歯のない健康な歯の場合(健康な歯を傷つけません)
  • 通常、部分入れ歯となってしまう場合(審美的・機能的に優れる)
  • 総入れ歯(特に下)が動いてしまう場合

奥歯がなくなってしまった場合に、インプラントと被せ物により安定した噛み合わせを作ることが可能です。
また、欠損部の骨の保存にも効果的です。インプラントを埋入することにより、経年的な骨の吸収を防ぐことになります。
しかし、インプラントに関しては、すべてのケースで可能なわけではなく、骨の高さ、幅が必要になってきます。
詳しくは、当院まで、お問い合わせください。

インプラントの注意点

歯周病や全身疾患、その他の要因によりインプラントが脱落することもございます。詳しくは医院にお問い合わせください。
インプラント治療後は定期的なメンテナンスが必要となります。 お口の中の健康を保つためにも、定期的に検診にいらしてください。

医師紹介

当院ではインプラントの専門医を他院よりお呼びし、診療をしていただいております。
是非、お気軽にご相談ください。

歯科医師 大山 高太郎

経歴
  • 1997年 日本歯科大学を卒業
    1997年 日本歯科研究研修協会 霞ヶ関歯科診療所勤務
    2003年 カリフォルニア ロマリンダ大学インプラント科留学
    2005年 AAID(アメリカのインプラント学会)発表
    2006年 日本口腔インプラント学会AAID発表
    2007年 AO(アメリカのインプラント学会)発表
         EAO(ヨーロッパのインプラント学会)発表
    ロマリンダ大学インプラント臨床指導医に任命
    2008年 ロマリンダ大学Master of Science Degree取得
    日本口腔インプラント学会発表
    2009年 OJ (ミッドウインターミーティング)発表

常勤の医院はこちら>