小児歯科

大西歯科医院

小児歯科

「乳歯はどうせ生え替わるのだから虫歯になっても大丈夫?」
いいえ、決してそんなことはありません。
乳歯の虫歯は、その後に生えてくる永久歯や、歯並びに大きく影響を及ぼします。

お子様にとっての歯の健康は、全身の成長を促すうえでも重要な役割を持っています。
しっかりした歯で、きちんと噛めることは、食事の面だけでなく、骨の発達、運動機能の発達に必要なことです。

乳歯はエナメル質(歯の一番外側の硬い層)が、永久歯の約1/2と薄く、虫歯になりやすく、進行も早いのが特徴です。定期的な健診と、予防処置、歯磨きチェックで、虫歯を未然に防げるようにしましょう。

予防処置

お子様を連れての通院は保護者の方も大変なことだと思います。歯医者を怖がっていればなおさらです。しかし、虫歯は自然に治ることはなく、そのまま放置すると悪影響が出てくるので、なるべく早くご来院してください。

処置の種類
フッ素塗布:高濃度のフッ素を定期的に塗布することにより、エナメル質を強化し、虫歯になりにくい強い歯を作ります。
シーラント処置:歯の溝は汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすい部分です。この溝を埋めてしまい、歯磨きをしやすく、溝が虫歯にならないように予防する処置です。

定期健診と歯磨きチェック

歯が生えてきたら、定期的に健診に通い、歯磨きチェックを受ける習慣をつけましょう。
定期健診と歯磨きチェックで、虫歯を予防しましょう。